院内・設備紹介|平塚駅周辺で眼科・眼医者をお探しの方はかなさしクリニックまで

時間
9:00~18:30 / /
◎9:30~17:30
休診:水曜・日曜

〒254-0034
神奈川県平塚市宝町2-1 ホーメスト平塚共同ビル7階

  • 電話
  • メニュー

院内紹介

  • イメージ画像

    手術室

    広くスペースを取り、最新設備を備えた手術室をご用意しています。
    室内は清潔な環境づくりを徹底しています。

  • イメージ画像

    手術室空気清浄機

    院内での感染症を可能な限り少なくするため、空気清浄機を完備し、高いクリーン度が保たれるように導線も管理しておりますのでご安心下さい。

  • イメージ画像

    OCT

    網膜・脈絡膜を断層画像に撮影することができる装置です。今までの眼底検査のみでは網膜の状態を正確に診断することが難しかったのですが、断層像から緑内障の初期変化、網膜のむくみや出血の有無、範囲などを診ることが可能となりました。

  • イメージ画像

    角膜形状解析装置

    主に角膜の形状と眼の屈折度を測定するための装置です。正面の風景を見ているだけで撮影が完了し、検査で痛みを伴うことはありません。約3秒の撮影時間で、見えづらい角膜の要因をこの装置で探っていきます。

  • イメージ画像

    レーザー光凝固装置

    眼底出血、緑内障、網膜裂孔等の治療に使用しています。レーザー照射後の痛みはほとんどなく、患者様の負担が少ない治療です。

  • イメージ画像

    YAGレーザー

    水晶体嚢が濁ってしまう、後発白内障の治療で使用します。レーザーで水晶体後嚢に穴を開けて、濁りの原因となっている部分を取り除きます。
    点眼麻酔を行い、約2~3分程度で終了する全く痛みを伴わない治療です。

  • イメージ画像

    眼底カメラ/前眼部撮影用カメラ

    眼球の一番深い場所に位置している、眼底を診るためのカメラです。光や色、その情報を脳に送る視神経、網膜に栄養を与えるための血管などが眼底にはあり、ここを診れば眼の病気から体の病気までを発見することができます。

  • イメージ画像

    自動調節機能・近点検査器

    眼のピントが合う最も近い位置と、ピントが合う最も遠い位置を測定することができる装置です。

  • イメージ画像

    ヘスチャートプロジェクター

    眼位のズレ、眼球・眼筋運動障害の状態を検査する装置です。赤と緑のフィルターから、プロジェクターから投影された点を指すことで評価していきます。この検査では物が2重に見えているか否かを検査することが可能です。

  • イメージ画像

    望遠訓練器

    眼の筋肉の緊張をほぐすための装置です。仮性近視を軽減させ、点眼治療と合わせて、定期的に実施することで効果がでやすくなります。

  • イメージ画像

    スペキュラーマイクロスコープ

    角膜(黒目)の内皮細胞を検査するための装置です。角膜は5層の薄い層から成り、その1番内側にある角膜内皮が角膜の水分調節をしています。角膜内皮は他の細胞と異なり再生することがないので、ダメージをできるだけ与えないようにすることが大切です。

  • イメージ画像

    屈折度測定装置

    角膜の屈折度を測定いたします。こちらを使用することで、近視・遠視・乱視の検査が可能になります。

  • イメージ画像

    OA-2000

    白内障の手術に必要な眼軸長(眼の長さ)や角膜の丸みや前房深度、水晶体厚みなど多くの部分の測定を目に触れることなく一度に測定します。

オートレンズメーター

従来のレンズメーターよりも測定ポイントを増やし、正確な測定データが瞬時に得られます。プリズム測定範囲が広く、累進レンズの測定も簡単操作で可能となりました。

ノンコンタクトトノメーター

眼の圧力(眼圧)を調べる検査です。これは房水という液体によって保たれている眼球内圧を測定する検査です。日本人の平均は10〜21mmHgとされていますが、この範囲内にある正常眼圧緑内障が日本人には1番多いタイプです。房水の生産量と流出量のバランスが崩れると変動します。特に、緑内障を調べる際には、必ず行なわれる重要な検査です。その他高眼圧症や、網膜剥離、虹彩毛様体炎、眼球破裂などでは眼圧の値が参考になります。

  • イメージ画像

    FDT

  • イメージ画像

    ゴールドマン動的量的視野計

  • イメージ画像

    ハンフリー静的量的視野計

どのくらいの範囲が見えているのかを測定する装置です。大きさや明るさの異なる光を照射し、それが見えたらボタンを押すことで検査していきます。自分が見えていると思っているところでも、脳が補正している場合があるので、この検査で実際に見えている範囲を特定します。

ページトップへ